短期売買銘柄レポート(3月8日情報)

短期売買銘柄レポート(3月8日情報)

日足

週足

【今日の相場を振り返って】

3/8(水)日経平均株価は▼90円の19254円で終了。昨夜の米国株はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落して続落。新たな手掛かり材料も無く、今週末には米2月雇用統計の発表も控えており、昨夜の米国市場も様子見ムードが強まると言う展開。来週の14~15日に米FOMCが開かれ、先日のイエレンFRB議長の発言では利上げが濃厚と見られています。但しその為の最低限の条件が今週末の米2月雇用統計がそこそこ堅調でなければなりません。仮に、今週末の米2月雇用統計が急速に悪化していれば15日の利上げは先送りとなり、米国株も米経済への期待が失速して少し大きく下げる展開になると思います。又日本にとっても、米国の利上げ先送りは円高要因となり、その場合は急速に円高が進むと言う展開になると思います。今のところ、その様な波乱の可能性は限りなくゼロに近いですが、投資家心理としてはマーケットの波乱要因にもなりますので、結果を見極めたいと言うムードが強まります。加えて日本市場では・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「短期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。