短期売買銘柄レポート(3月9日情報)

短期売買銘柄レポート(3月9日情報)

【今日の相場を振り返って】

3/9(木)日経平均株価は△64円の19318円で終了。昨夜の米国市場はハイテク企業が多いナスダック指数は小幅に反発したものの、NYダウは下落して3日続落、建機大手のキャタピラーが不正会計報道を受けて急落、米原油在庫増加報道で石油株が売られた事が下げの主な要因。加えて民間雇用サービス会社ADPが発表した2月雇用リポートで、雇用増加が30万人程度となり、市場予想を大きく上回った事から週末の米雇用統計も良好との見方が強まり、利上げ観測が強まった事も米株式市場には売り材料に。米利上げ観測が高まり米長期金利が上昇、その結果円安が進み今日は114円台半ばまで円安が進んでいます。昨日まで4日続落となっていた日経平均も今日は円安進行を好感して株価は反発、一時19350円まで上値の伸ばしました。しかしこの先イベントが相次ぐ環境ですので、買い先行で始まった日本市場ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「短期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。