短期売買銘柄レポート(6月8日情報)

短期売買銘柄レポート(6月8日情報)

【今日の相場を振り返って】

6/8(木)日経平均株価は▼75円の19909円で終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して3日ぶりに反発。今夜に予定されているコミー前FBI長官の議会証言の草稿が公表されましたが、内容がこれまでに報道されている範囲内だった事から安心感が広がり株式市場も上昇。しかし原油先物相場の下落や英国総選挙も控えており、積極的に上値を買い上がると言う展開にはならず。又、コミー前FBI長官の議会証言に関しても、質疑応答でどんな発言が出て来るかも不透明ですので、過度な警戒は後退しましたが、状況を見守りたいと言うムードは残っていると言う感じです。本日の日本市場も、コミー前FBI長官の議会証言に対する警戒が後退した事と円相場がやや円安に振れている事から日経平均も反発。寄り付き直後には2万円を回復して20061円まで上げ幅を広げましたが、その後は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「短期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。