当サイト活用のメリット

当サイト活用のメリット


meigara

 

中小型株に特化した投資情報サービス。 株式は発行済み株式数によって、大型株、中型株、小型株の3つに分けられます。 2億株以上の株を大型株、6000万株以上2億株未満を中型株、6000万株未満を小型株と呼びます。 (売買単位が1株の場合は20万株以上が大型株、6万以上20万株未満が中型株、6万株未満が小型株) 機関投資家は資金規模が大きいゆえに主に大型株での運用をせざるをえず、一方、中小型株は発行済株式数が少なく流動性も低いため、専ら個人投資家により売買されます。値動きの大きさが魅力で、いったん注目が集まると株価は大きく変動します。 膨大な中小型株銘柄の中には、ファンダメンタルズ面は良好で配当利回りが高い水準にあっても、低い知名度、IRが不足、規模が小さい、カバーするアナリストの不在等から、株価がディスカウント(割安水準にある)と判断される銘柄が必ず存在しています。

 

g_fund_comment_130725_01

以上のように魅力多い中小型株ですが、その数は3000銘柄を超えています。

玉石混交の銘柄群の中からこれぞという企業を選び出すには、緻密な銘柄選定戦略が不可欠です。

 

銘柄選定から公開までの流れ。

当社では、下記のようなステップを通じて、すべての中小型株銘柄を評価し、推奨銘柄として公開しています。

ステップ1:
成長性および材料性、安定した業績推移、健全なキャッシュフロー、優れた企業ガバナンス、事業分野のファンダメンタルズ、配当利回りの状況からフィルタリング。

ステップ2:
過去の株価推移と現在の株価、信用取り組みを含めたテクニカル指標からさらに絞り込み、株価がディスカウントされた割安水準にあることを確認。

ステップ3:
買いエントリーゾーン(買ってもよい価格帯)を設定して指値買いを推奨。利食いやロスカットの目安も併せて配信。(ときに空売りも推奨します。)

スクリーンショット 2017-02-12 9.07.50

スクリーンショット 2017-02-26 14.26.51 スクリーンショット 2017-02-26 14.25.52