当サイト活用のメリット

当サイト活用のメリット

株式は発行済み株式数によって、大型株、中型株、小型株の3つに分けられます。
2億株以上の株を大型株、6000万株以上2億株未満を中型株、6000万株未満を小型株と呼びます。
(売買単位が1株の場合は20万株以上が大型株、6万以上20万株未満が中型株、6万株未満が小型株)
大型株は、主に大口の資金を動かす機関投資家によって売買されています。
一方、中小型株は流動性に乏しいため、ひとつの材料に株価が敏感に反応する傾向があります。
値動きの大きさが魅力で、短期の値幅取りを狙う個人投資家によって売買されている傾向にあります。
中小型株=時価総額が小さい株式 発行済株式数が少なく流動性も低いため、いったん注目が集まると株価が大きく変動しやすくなります。
そのため、短期間で大きな利益を得る可能性もありますが、逆に大きな損失を被る可能性もあります。
メリットとして挙げられるのは「割安」である可能性が高いという事でしょう。大手企業とは異なり、今後ますます成長していく伸び城が大い
に考えられる中小株ですが、投資家から注目されることは比較的少ないと言わざるをえません。それ故に株が放置されていることも多く、割安
で購入できることがあるのです。
大型株は中小型株に比べて経営が安定している企業が多く、長期投資向きといえます。一方、日本株の代表的な銘柄であるため、その企業の経
営状態の良し悪しとは関係なく売買される一面があります。例えば、外国人投資家が運用資金全体に占める日本株比率を下げようとした場合に
は機械的に売られやすい。
 中小型株に投資するメリットは、値動きの良さと指数による影響度です。
 値動きが良い銘柄に投資すれば、短期で利幅が稼げる。また、投資家の関心は薄いが、堅実に業績を伸ばしている中小型株についても投資価
値がある。大口投資家からまとまった売りが出るリスクが低いためで、相場のトレンドとは無関係に、じわじわと株価が上昇する銘柄もある。
 一方、デメリットは、売買に参加する市場参加者が少なく、金融商品として流動性が低いため、売ろうとしても売れなかったり値が崩れやす
いことだ。また、大型株と比べると、業績不振となり倒産する可能性も高まる。投資する場合は、過去数年の業績や企業トップの言動をよく
チェックすることが重要になります。