長期仕込み銘柄レポート(2016年12月5日情報)

長期仕込み銘柄レポート(2016年12月5日情報)

日足

週足

日経平均株価12/5終値18274円

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

先週末の米国株は小幅に下落して4営業日ぶりに反落、注目された11月雇用統計はほぼ市場予想通りの結果になり、失業率も改善。しかしイタリアの憲法改正の是非を問う国民投票は改憲否決となりレンツィ首相が辞任すると言う結果に。

イタリア国民投票の結果イタリア政治が混迷し、経営危機が深刻なイタリア大手銀行の破綻懸念が高まると言う懸念も高まっています。欧州情勢の先行きに新たな懸念が出て来た事も先週末の米国株の上値を重くしたと言う感じです。本日の日本市場もイタリア国民投票の結果を受けて円高が進み日経平均も売り先行の展開で株価は下落。

しかしこれまで上がり過ぎていた日経平均ですので今日の下げも本質的には目先の利食いによる調整安です。イタリアの国民投票の結果も日本への影響は限定的、欧州の周辺国への影響も限定的だと思います。過度に警戒するような要因では無いと思います、当然買い材料にはなりませんが、過熱感を抱え、やや行き過ぎていた株式市場に冷静さを取り戻させると言う意味では良いキッカケになったと思います。

今回のイタリアの国民投票の結果も、行き過ぎていた株式市場のガス抜きと言う意味では良い一面も有ると思います。これまで日経平均は一本調子に上昇して過熱感は否定出来ないと言う状況でした。円安・株高と言う展開が続いて来ましたが、ここに来てトランプラリーにも一巡感が見られ、株式市場の正常化に向けて適度な調整安の動きも出始めています。現状でもまだ過熱感は有りますが、もう一段の調整が進めば、程よく過熱感も払拭して再上昇に向けた動きも出やすくなります。

 

簡潔に言えば、もう一段の調整安は想定しつつも、安値に対しては押し目買いを狙うと言うスタンスで良いと思います。現在25日移動平均線は17750円付近に位置しています、明日以降日々上昇して来ますが、多少の行き過ぎは有ったとしても、日経平均18000円前後が一つの下値目処になると思います。それ以上に下げる場面があれば尚良い買いチャンスにはなりますが、買い遅れた機関投資家などの押し目買いニーズを考えると、日経平均の18000円前後が妥当な下値と言う感じです。

今週末にはメジャーSQが有りますので、明日以降投機的な動きも強まると思いますが、これまでの経験則から言えば、水曜日か木曜日が投機のピークです。仮に日経平均が目先の調整の安値を付けるとすれば水曜日か木曜日と言う事になります、一旦調整局面を迎えている日本市場ですが、少し先を見据えれば歓迎すべき展開です、行き過ぎた過熱感を一旦冷やさなければ次の上昇局面を迎える事は出来ません。日本市場の現状は、大局上昇トレンドの中で一旦調整局面を迎えている、その様に理解して良いと思います。

今週末のメジャーSQを通過するまでは、SQを意識した売買が中心になりますが、SQを通過すれば、少し先を見据えた売買が中心になりますので日経平均も再度上昇基調を強めると思います。円安進行による国内主要企業の収益拡大は2017年3月期決算の上方修正期待を高めます。この先急激に円高に振れるような動きが無い限り、大局上昇基調は変わりません。大局上昇基調は続く、しかし今週はSQ要因で一時的に下振れが有るかもしれない、簡潔に言えばその様な感じで見ています。引き続き銘柄重視の発想で対応して行けば特に問題は無いと思います。

【本日の買い推奨銘柄】

東2 化学 4960ケミプロ化成 12/5 終値262

買いゾーン①時価 ②240円有れば 利食い目処400円前後 損切り200円割れ

来年を見据えた場合、有機EL関連は株式市場の大きなテーマに浮上して来ると思います。有機ELの利点としては、液晶に比べると、小型化・薄型化が容易になり、低消費電力で動画のスピードが早くなり、折り曲げ加工も可能、簡潔に言えばこのような感じになります。既に米アップルが2017年投入モデルから有機ELパネルの採用を表明しており、韓国のサムスンやLG、中国パネルメーカーなども量産に向けて新工場を建設するなど動き始めています。現状の市場規模は1兆5000億円規模と推察されていますが、2030年には4兆円~5兆円規模への拡大が見込まれています。このような環境下で、日本企業が得意とする分野は有機EL材料です、製造装置や発光体、その他関連部材を手がける日本企業は多々有りますが、有機EL関連特許を多数出願し、発光材料、電子輸送材料、正孔輸送材料などの有機EL材料を手掛けている同社に的を絞り、買いを実行したいと思います。