長期仕込み銘柄レポート(2017年2月15日情報)

長期仕込み銘柄レポート(2017年2月15日情報)

日足

週足

日経平均株価2/15終値19437円

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

注目された日米首脳会談でしたが、円相場や日銀の金融政策への言及は無く、自動車貿易に対する指摘も無く、尖閣諸島の問題に関しても米国が防衛義務を負う対象と共同声明に明記されるなど、日本からすれば満額回答以上の結果となりました。しかし日本市場は先週末の10日に400円を超える大幅高になっていましたので、日米首脳会談の結果を受けた後の13日の日本市場は上昇したものの上げ幅は限定的、続伸では有るものの、既に織り込み済みと言う展開になりました。日米首脳会談への一抹の不安は大きく後退し、それは株式市場には大きな追い風ですが、欧州情勢や米中経済摩擦懸念など、引き続き注意を要する要因は有りますので、これで楽観出来ると言う事にはなりません。簡潔に言えば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「長期仕込銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。