長期仕込み銘柄レポート(2017年3月24日情報)

長期仕込み銘柄レポート(2017年3月24日情報)

日足

週足

日経平均株価3/24終値19262円

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

これまで強含みの展開が続いていた米国市場ですが、トランプ政権の看板政策とも言える、金融規制のドット・フランク法の改正に対して議会民主党が反対を表明し、オバマケアの代替法案については身内である共和党の一部議員も反対を表明。 議会での採決を間近に控えて、最優先政策であるドット・フランク法の改正とオバマケアの代替法案成立に対する不透明感が強まった事で3/21にはNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落。 仮にこの2つの政策につまづくようなら、大規模な減税や財政出動と言う株式市場が期待する政策の実行も疑わしくなる、そうなればこれまで株式市場が期待先行で織り込んで来た株価上昇も修正安は避けられない、その様な懸念の強まりが3/21の米国株の大幅下落に繋がりました。簡潔に言えばこれまで続いて来たトランプラリーの動きに一旦ストップがかかった、今後は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「長期仕込銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。