中期売買銘柄レポート(1月26日情報)

中期売買銘柄レポート(1月26日情報)

日足

週足

【全体相場解説と投資判断】
1/26(木)日経平均株価は△344円の19402円で終了。トランプノミクスへの期待再燃でNYダウが史上初めて2万ドルに乗せ、リスクオンの動きが強まり日経平均も大きく上昇。テクニカル的にも25日移動平均線を上回り、再度強気ムードが強まりそうな日本市場。さほど円安が進まない中での日経平均の大幅高、海外勢の買いが日経平均を押し上げたと言う感じです。テクニカル的には1/5に19615円の高値を付けた後の調整局面も終了と言う展開ですが、トランプ発言への警戒は引き続き必要、当面は引き続きテーマ株や小型材料株狙いのスタンスが良いと思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値414円】
(JQ)テリロジー(3356)  卸売業  100株

同社は情報セキュリティーやIPサーバーなどネット製品の輸入販売、企業内システム構築・保守などを手掛けています。ITセキュリティーの製品充実、ハッカー集団の情報を収集分析し、対策提案するイスラエル社のサービスも提供。今日本では、防犯カメラやネット領域でのサイバー攻撃が多発しており、今後IoTの普及で、多くの家庭用電化製品がインターネットで繋がる事が想定されており、ネットセキュリティー関連銘柄への注目が一段と高まっています。その様な背景を受けて同社株もジリジリと上昇する展開が続いています。テクニカル的にも上昇トレンド継続中、昨年10月の直近高値429円も超えて来ています、目先適度な調整安が有れば押し目買いで対応したい銘柄となります。目先の下値支持帯としては400円~380円のゾーンになりますので、このゾーン内で押し目買いを狙いたいと思います。同社株は100株単位で買えますので、400円付近から380円付近までを想定しながら数回に分けて買って行くと言う対応も一考だと思います。当面の上値目処は450円付近になりますので利食い目処は450円接近時、但し360円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

 

 

【テクニカル評価】AA

【投資タイプ】押し目買い
 

【ポイント】 ITセキュリティー関連

 

【第1買いポイント】  400円前後

 

【第2買いポイント】  380円前後

 

【売り値目標】  450円接近

 

【損切り設定】 360円を切れば損切り

 

*リスク覚悟でリターンを狙う場合:第1買いポイントでエントリー
*慎重な投資スタンスをとる場合 :第2買いポイントでエントリー

 

 

【企業情報】

情報セキュリティやIPサーバーなどネット製品輸入販売、企業内システム構築・保守が主力。次世代記憶装置や企業インフラ構築は漸増だが、ネット不正取引防止の金融案件下期へ遅延。大容量データ装置も大型案件ない。18年3月期はITセキュリティ需要深耕し増勢維持。

 

 

 

 

【過去推奨銘柄のアフターフォロー】

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/13
2部
4635
東京インキ
1/26終値297円、推奨時利食い目処とした300円接近を達成して利食い完了。
12/27
1部
5612
日本鋳鉄管
1/26終値201円、買いコスト180円台、推奨から約1ヶ月が経過しましたの明日は利食い実行で資金回収。