中期売買銘柄レポート(12月20日情報)

中期売買銘柄レポート(12月20日情報)

日足

週足

【全体相場解説と投資判断】
12/20(火)日経平均株価は△102円の19494円で終了。今日は円安一服を背景に売り先行で小安く始まり、前場は昨日終値付近での膠着した値動きが続きましたが、後場になると円安が進み日経平均も上げ幅を拡大、一時昨年の12/18以来となる19500円を回復。日銀金融政策決定会合の結果は想定通り現状維持、長期金利目標ゼロ付近が維持された事から今後の日米金利差拡大が連想されて後場は円安が進んだと言う感じです。ここまで来れば年内2万円到達までは上昇が続きそうな感じ、しかし既に過熱感の有る銘柄は買い難く、引き続き出遅れ銘柄、割安銘柄を中心に買いを考えると言うスタンスが安全で最善、上昇相場の一波動の終盤には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「中期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。