中期売買銘柄レポート(2月1日情報)

中期売買銘柄レポート(2月1日情報)

日足

週足

【全体相場解説と投資判断】
2/1(水)日経平均株価は△106円の19148円で終了。昨夜製薬会社との会談の中でトランプ大統領が中国と日本が通貨安政策を取っていると発言し、昨夜の海外市場では一時112円付近まで円高が進行。円高を受けて今日の日本市場も売り先行で始まり寄り付き直後には18916円まで下げ幅を広げましたが、その後は円安に振れて日経平均も反発、終わって見れば日経平均は19100円台を回復し円相場も113円台を回復。トランプ大統領に振り回されている感も有りますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「中期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。