中期売買銘柄レポート(4月11日情報)

中期売買銘柄レポート(4月11日情報)

日足

週足

【全体相場解説と投資判断】

4/11(火)日経平均株価は▼50円の18747円で終了。米長期金利の低下を受けて円高が進み本日の日経平均も3日ぶりに反落。引き続き北朝鮮を巡る地政学的リスクが意識され、来週の日米経済対話への警戒も有って買い見送りムードの強い状況。しかし日米共に主要企業の決算発表が控えており、好業績期待も有って下値を売り込む動きも有りません。今週末にはSQが有りますので投機的な動きが強まれば上下共に大きく振れ易いと言う状況では有りますが、大きく下振れするような動きが有れば先を見据えて買い有利だと思います。当面は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは有料レポートです。新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「中期売買銘柄レポート」の申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。