市況分析(1月12日前場情報)

市況分析(1月12日前場情報)

日経平均株価は12円安の23697円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数、S&P500の主要3指数共に大きく上昇して過去最高値を更新。
中国政府が「米国債購入の減額を検討」との報道を否定した事で長期金利の上昇が一服、デルタ航空が減税を理由に業績を上方修正し、今後本格化する主要企業の四半期決算への期待も高まると言う展開に。
原油相場の上昇も石油関連銘柄の上昇に繋がり、引き続き堅調な展開が続いている米国市場。
今日の寄り付きでSQを通過した日本市場ですが、米長期金利の上昇一服を受けて円相場が111円近くまで円高が進み日経平均は小幅安の展開。
一時プラス圏に浮上しましたが、円高が進む状況では日経平均に関しては上値の重い展開も致し方有りません。
しかし日経平均は軟調でも新興市場銘柄や中小型の材料株、テーマ株の値動きは堅調、今日も上昇する銘柄が目立ち、個別物色意欲は今日も旺盛です。
今日円安に振れていれば急反発も期待出来た日経平均でしたが、目先の調整も順調に進んでおり、来週には反発に転じる動きも期待出来ると思います。
今日は駄目でも少し時期が先送りになっただけの事です、特に気にする事は無いと思います。
多少円高が進んでも日経平均の下げは小幅で、日経平均に関係の無い銘柄は買われると言う状況ですので、相場の地合いは引き続き強含みに変わりは有りません。
ざっくりと言えば日経平均に関しては年初からの大幅上昇に対する調整局面が続いているだけの事、特に気にする事は有りません。
又、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。