市況分析(1月15日後場情報)

市況分析(1月15日後場情報)

日経平均株価は61円高の23714円で終了。先週末の米国株高を受けて買い先行で始まり寄り付き直後には23833円まで上昇した日経平均でしたが、今日は円高に上値を押さえられると言う展開になりました。
しかし円高進行にもかかわらず小幅高で終わり4日ぶりの反発になった事は相場の地合いの強さの裏返しです。
多少の円高も上値を押さえる要因にはなっても下値を売り込むような売り材料にはならない。
更に言えば、内需系の銘柄や新興市場銘柄、中小型材料株やテーマ株は買われていますので、円高で悪影響の無い銘柄には買いが向かうと言う感じです。
ざっくりと言えば、日経平均は調整継続、物色の中心は円高で悪影響の無い銘柄の個別物色には悪影響は有りませんので多少の円高も特に気にする必要は無いと思います。
株価ですので日々多少の上げ下げは有ります、しかし大きな流れとして上昇基調に有るなら利食いを急ぐ必要も有りません。
今夜の米国市場が祝日で休場ですので明日の日本市場も手掛かり材料は円相場だけと言う感じですが、今後国内企業の四半期決算発表が本格化します。
日経平均に関しては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。