市況分析(1月16日後場情報)

市況分析(1月16日後場情報)

日経平均株価は192円安の19095円で終了。後場開始直後に19061円まで下落した日経平均でしたが、その後は買い戻しも入って一時下げ幅を縮小、しかし買戻しが一巡すると再度下げ幅を広げて終了。
今夜の米国市場がキング牧師の誕生日で祝日と言う事も有り、海外勢の参加は少なく、国内勢だけでは安値を拾う動きが限界、力強く切り返すと言う展開にはなりませんでした。
英国のEU離脱を巡り、ハードブレグジット懸念が再燃しており、明日17日には英国のメイ首相の演説も有ります。
今週末にはトランプ大統領の就任式も有り、株式市場も一旦様子見を強めそうな状況、メイ首相がEU離脱に関してどのような考えを持っているのか?
20日のトランプ大統領就任式の後の演説では政策に関しての言及が有るのか?
円相場も円高基調の動きが続いており、株式市場のムードとしては、買いを急ぐ必要はなし、安値が有れば拾う、と言う投資家心理が強まっています。
しかし日経平均や輸出関連の主力銘柄に関しては弱含みの展開が想定されても、内需系のテーマ株などにはさほど悪影響も有りません。
全体に連れ安するようなら少し先を見据えれば安値買いのチャンスです、銘柄重視、全体よりも個を重視すると言う発想で対応すれば何も問題は有りません。
日経平均に関しては当面は19000円付近が下値では意識される価格です、仮にもう一段の円高が進むようなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。