市況分析(1月17日後場情報)

市況分析(1月17日後場情報)

日経平均株価は281円安の18813円で終了。前場には一時下げ幅を縮めた日経平均でしたが、後場には再度売り直されて下げ幅を拡大。
その原因は円高進行、朝方には114円付近に有った円相場も時間の経過と共にジリジリと円高が進み113円台の前半まで円高が進みました。
英国のハードブレグジット懸念からポンドが売られ、その余波で円が買われています。買われていると言っても、これまでのドル買いの手仕舞い(ドル売り円買い)が中心で、ざっくりと言えばトランプラリーの利食いです。
先週のトランプ会見を通過し、その後英国のハードブレグジット懸念が再燃した事が、トランプラリーで買って来たドル買いの利食いのキッカケになったと言う感じ。
日経平均株価も円相場もこれまで調整らしい調整も無く来ましたので一旦調整の動きが強まれば若干行き過ぎと言う動きも有るかもしれません。
しかしその様な調整安の動きも大局的に見れば一時的なものです、又、テーマ株や小型材料株に関してはさほど悪影響も有りません。
円高で売られるのは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。