市況分析(1月18日前場情報)

市況分析(1月18日前場情報)

日経平均株価は37円安の18776円で前場を終了。連休明けとなる昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック共に下落。トランプ次期大統領がウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで中国の人民元相場に絡んでドル高を牽制する発言を行い、議会共和党が検討している税制改革も複雑過ぎると批判。
トランプ大統領と議会共和党との意見の相違が今後の政権運営に不安を抱かせる格好になっています。
注目された英国メイ首相の演説に関してはほぼ想定内の内容であり、演説内容を確認した後の市場の反応は材料出尽くし。
今日の日本市場では、米大統領選挙以降初めてトランプ氏からドル高を牽制する発言が出た事から円相場は112円台まで円高が進行。
トランプ氏は中国人民元相場に対してドルが高過ぎると述べ、円相場に対して述べたのでは有りませんが、どちらにしろドル高への懸念を示したと言う事で円相場も反応。
一段の円高進行が嫌気されて本日の日経平均も売り先行の展開で下げ幅を拡大、10時過ぎには一時18650円まで下落。
しかしその後円相場が113円台を回復すると日経平均も下げ幅を縮小、テクニカル的にも日経平均の18500円付近は当面の下値支持帯になりますので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。