市況分析(1月18日後場情報)

市況分析(1月18日後場情報)

日経平均株価は80円高の18894円で終了。昨夜の英国メイ首相のEU離脱計画に関する演説では、内容がほぼ想定内だった事から株式市場の反応も材料出尽くし。
しかしトランプ次期大統領が中国人民元に対してドルが高過ぎるとの発言が伝わり、円相場にも影響して海外市場では一時112円台の半ばまで円高が進行。
本日の日本市場も一段の円高を嫌気して日経平均も売り先行で始まり10時過ぎには一時18650円まで下げ幅を広げましたが、その後は円安が進み円相場も113円台を回復。
円安への反転を受けて日経平均も買戻しが強まり後場にはプラス圏に浮上して上げ幅を拡大。
14時半頃には18941円まで上値を伸ばしましたが、19000円付近に位置している5日移動平均線が意識されて大引前には若干上げ幅を縮めて終了。
簡潔に言えば日経平均が目先の下値目処と見られている18500円に近づいた事や円安への反転も加わり、今日は一旦自律反発を見せたと言う感じ。
しかしまだ5日移動平均線を下回っていますので、これで目先の下げ局面も終わりとの判断は出来ません。
20日のトランプ大統領の就任式での演説内容を確認するまでは、下げ渋りは見せると思いますが、一段高に転じると言う可能性は少ないと思います。
しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。