市況分析(1月19日前場情報)

市況分析(1月19日前場情報)

日経平均株価は176円高の19071円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは小幅安でナスダックは小幅高、原油相場安を受けて石油関連株が売られ、トランプ政権の政策不透明感も意識されNYダウは弱含みの展開でしたが、足元の事業環境が良好な半導体株が買われてナスダックは上昇。
米国市場は銘柄によって強弱まちまちの展開ですが、強含みの相場の地合いに変わりは無く、短期的には明日のトランプ大統領就任式を見極めたいと言う感じです。
米情報機関からはトランプ大統領就任式でのテロを予告する脅迫なども有るとの発表も有り、大規模な反トランプデモなども計画されています。
無事にトランプ大統領就任式を終える事が出来るのか?市場関係者としては無事に終わるまで安心出来ないと言うのが本音だと思います。
昨夜米国でイエレンFRB議長の講演が有り、その中でイエレン議長が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。