市況分析(1月19日後場情報)

市況分析(1月19日後場情報)

日経平均株価は177円高の19072円で終了。後場は円安の一服を受けて一時18982円まで上げ幅を縮小する場面も有りましたが、円相場が114円台の半ば付近で安定すると日経平均も再度上昇に転じて19000円台を回復。
昨夜のイエレンFRB議長の発言を受けて海外市場で大きく円安が進みましたので今日の日本市場も寄り付きから高く始まり日経平均の始値は19082円。
その後19122円まで上値を伸ばしたものの、買戻しが一巡すると、やや円高に振れた事から一時19000円を下回り18982円まで上げ幅を縮小。
その後再度円安気味に転じましたので日経平均も上昇に転じて19000円を回復して終わりましたが、明日にトランプ大統領の就任式を控えて積極的に上値を買う動きも有りませんでした。
日足ローソク足では今日は陰線、株価は前日比で上昇はしましたが、朝一の始値よりの安く終ると言う展開になり、テクニカル的に見れば強い展開とは言えません。
簡潔に言えばポジション調整の買戻しが今日の日経平均上昇の主原因、当面の相場見通しとしては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。