市況分析(1月20日前場情報)

市況分析(1月20日前場情報)

日経平均株価は19円高の19091円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック共に下落、トランプ大統領の就任式を控えてポジション調整の売りが優勢と言う展開。
簡潔に言えば、トランプ大統領の就任演説の内容を見極めたい、その様な心理が強まると言う展開です。
円相場も昨夜の海外市場では一時115円台の半ばまで円安が進みましたが、その後は反転して今日の日本市場では114円台の後半。
トランプ大統領のドル高牽制発言を受けて円高が進み、昨日はイエレンFRB議長の発言を受けて円安が進み、今日はそれらの影響も一巡して落ち着きつつあります。
円相場も一旦落ち着いた後は今夜のトランプ演説の内容によって再度上下どちらかに振れる事になります。
来週以降の円相場の動向が今夜のトランプ演説の内容次第となれば、おのずと様子見ムードも強まりますので、それは株式市場にも言える事、イベントを前にして積極的な売買は有り得ませんので、本日の日経平均も前日終値を挟んでのもみ合い。
簡潔に言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。