市況分析(1月20日後場情報)

市況分析(1月20日後場情報)

日経平均株価は65円高の19137円で終了。前場は膠着した値動きが続きましたが、後場は中国の10-12月期GDPが市場予想を上回り、12月小売り売上高も市場予想を上回るなど、好調な中国経済指標が好感されて日経平均もじり高に。
しかし今夜に米大統領就任式を控えて今日の上昇も様子見ムードの中で先物主導で上げたと言う感じ。
来週に繋がるような買いではなく、今日だけの日計り売買で上昇したと言う感じです。
今夜のトランプ大統領の就任演説を確認するまでは安心出来ず、と言うのが基本的な考えですが、中国経済指標が良かったと言う事は株式市場にとっては安心材料の一つです。
これで今夜のトランプ演説に問題が無ければ週明けの日本市場も買いが先行する展開になります。
しかし予測不能な一面があるトランプ氏ですのでどのような演説をするのか?又米大統領に就任と同時に幾つかの大統領令を出すと伝わっていますので、一抹の不安も有ります。
実体経済の状況だけを見ればさほど心配の無い状況では有りますが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。