市況分析(1月23日後場情報)

市況分析(1月23日後場情報)

日経平均株価は307円高の24124円で終了。米上院で審議が難航していたつなぎ予算が成立して今日の日本市場も好感する展開になりました。
日経平均はジリジリと上げ幅を広げて終値は24124円、日経平均が終値で24000円を回復したのは1991年11/15以来、実に26年2ヶ月ぶりの事です。
一方トピックスも1991年6/17以来の1900P回復となり、多くの銘柄も上昇すると言う展開になりました。
日経平均の24000円回復は今後本格化する国内主要企業の四半期決算発表を見極めてからになるのでは?と考えていましたが、その様な慎重な見方は杞憂に終りました。
主要企業の好決算発表を先取りするような格好で見切り発車をした、その様な感じの日本市場です。
しかし楽観的になって強気に傾き過ぎるのは禁物です、どのような相場状況においてもリスク管理は忘れず、買い出動をする銘柄も出遅れ銘柄を狙うのがベストです。
好業績を期待して期待先行で先取りするように既に上昇している銘柄などは買いを見送り、好業績が期待出来るものの、まだで遅れている銘柄を狙う、その様なスタンスがよりリスク少なく利益を追求する投資になります。
決算発表を控えている銘柄は買い難いですが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。