市況分析(1月23日後場情報)

市況分析(1月23日後場情報)

日経平均株価は246円安の18891円で終了。トランプ大統領の就任演説の内容が、保護主義的な色が強かった事から円高が進み今日の日経平均も下落。
今日は寄り付から売られて9時20分頃に18879円まで下落、これが今日の安値となりました。
その後更に下値を売り込むような動きは無く、日経平均も徐々に下げ幅を縮めて14時頃には一時19024円まで下げ幅を縮小しました。
しかしその後急速に円高が進み、日経平均も急反落で下げ幅を拡大、前場の安値を切る事は有りませんでしたが、やや円相場に振り回されると言う展開でした。
日経平均は大きく下落しましたが、相場の中身を見ると、テーマ株や小型材料株の値動きは堅調で上昇する銘柄が多く、物色意欲は依然旺盛。
主力輸出関連銘柄は売られていますが、テーマ株や小型材料株は買われている、相場的に言えば循環物色は機能していると言う状態ですので今日の下げも余り警戒する必要は有りません。
日経平均の値動きよりも、個々の銘柄の値動きのみ注視して行けば良いと思います。
この先もトランプ政権から出て来る色々な報道を受けて円相場や日経平均も一喜一憂すると思いますが、だからこそ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。