市況分析(1月24日前場情報)

市況分析(1月24日前場情報)

日経平均株価は13円安の18877円で前場を終了。昨夜の米国株は小幅安で反落、TPPからの離脱、NAFTA見直しなど、トランプ政権の政策への不透明感が警戒されて株式市場も売りが優勢に。
しかし売りが一巡した後には下げ幅を縮めて終わるなど底堅い展開に変わりは無く、トランプノミクスへの期待は根強く、昨夜の売りも目先のポジション調整が主。
良好な経済指標の発表が続き、トランプノミクスで米経済は一段と拡大するとの見方も変わらず、大局的には先高感の強い状況に特段の変化は有りません。
ムニューチン米次期財務長官が過度に強いドルは短期的にはマイナスとの認識を示した事から円相場が一段高に動き一時112円台の半ばまで円高が進行。
一段の円高を受けて今日の日経平均も売りが先行して一時18808円まで下げ幅を拡大、しかし円高が一服して113円台を回復すると日経平均も反発に転じて一時プラス圏に浮上。
トランプ大統領が昨夜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。