市況分析(1月24日後場情報)

市況分析(1月24日後場情報)

日経平均株価は183円安の23940円で終了。昨日は24000円台を回復した日経平均株価でしたが今日はあっさりと下回り23900円台に反落。
円相場が109円台後半まで円高に振れ、昨日の大幅高の反動安も有り、安川電機が決算発表を受けて材料出尽くしで売られる展開になりましたので、今日の日経平均の下落も致し方なし。
しかし個別物色意欲は依然旺盛な日本市場です、今日の下げも円高と安川電機の影響が大で、本質的には押し目買い意欲の強い地合いにさほど変わりは有りません。
下げれば安値待ちの買いが入る、大きく上昇すれば一旦目先の利食いが強まる、その様な攻防が繰り返されながら先を見据えれば日経平均の上昇基調は続きます。
株価にとって日々の上げ下げの動きは付き物です、安値買いを狙い、吹き上げれば一旦利食い実行で利益を取る、このような手堅い対応をしていれば株価の上げ下げの波もチャンスにする事が出来ます。
しかし買い直しを急ぐ必要は有りません、じっくりと安値を見極めながら買いのタイミングを見極めて行けば良いと思います。
仮に安値無く一段高になればそれはそれで仕方が無い事です、又そうなったとしても新たな有望銘柄は幾らでも出て来ますので、後悔する事は有りません。
株式投資をする以上は、どこかで買い出動をして、どこかで利食いを実行しなければなりません。
最安値で買って、最高値で売れれば理想的ですが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。