市況分析(1月24日後場情報)

市況分析(1月24日後場情報)

日経平均株価は103円安の18787円で終了。前場には一時プラス圏に浮上する場面も有った日経平均でしたが、戻れば戻り売りが出て来る上値の重い展開で後場は一段安に売られ下げ幅を拡大。
ムニューチン米財務長官のドル高牽制発言やトランプ大統領の日米自動車貿易不公正発言などが出て来た状況では今日の日本市場も円高株安は致し方有りません。
しかし発言の重みと比べると円高も株安も反応は限定的、本音がどこにあるのか半信半疑と言う感じの反応です。
しかし口先介入も繰り返し出て来ればいずれ効果もなくなります、又最終的には日米経済の基礎的条件によって為替も動きますので、トランプノミクスを先々実行する限り大きな方向性はドル高円安に変わりは有りません。
色々と理由付けは出来ますが、本質的には直近の円高も株安も、米大統領選挙以降に大きく動いた反動です。
行き過ぎた円安、上がり過ぎた株価の修正が今起きている、簡潔に言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。