市況分析(1月25日前場情報)

市況分析(1月25日前場情報)

日経平均株価は206円高の18994円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック共に大きく上昇して反発。トランプ大統領がカナダから米国に原油を運ぶパイプライン建設計画の大統領令に署名。
オバマ政権では環境への悪影響が有るとの理由から建設申請を却下していましたが、トランプ大統領が大統領令に署名した事で、同じように建設計画が止まっている多くの施設の建設が進むとの見方から株式市場も好感。
カナダから米国に原油を運ぶパイプライン建設計画では2万人以上の雇用が生まれると見られており、今後停止中の開発計画が順次再開するなら、設備投資と雇用のダブルの増加が米経済全体にもプラスに働きます。
当然その様な状況は米長期金利の上昇に繋がる事になりますので昨夜の米国市場では長期金利が上昇、その結果円安が進み本日の日本市場では一時113円台の後半まで円安が進行。
本日の日本市場も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。