市況分析(1月25日後場情報)

市況分析(1月25日後場情報)

日経平均株価は269円高の19057円で終了。今日は円安が進んだ事から日経平均も買い先行で始まり前場には一時19133円まで上げ幅を拡大。
しかしその後円高に振れた為に日経平均も上げ幅を縮小して一時18987円まで反落、そして再度円安に振れると日経平均も再上昇に転じて19000台を回復して終了。
簡潔に言えば今日は上昇したものの上値も重かったと言う展開です。
トランプ政権のスタンスに未だ安定感は無く、日々何が飛び出して来るかも解らないと言う状況ですのでじっくりと腰をすえた買いもまだなかなか入り難いと思います。
テクニカル的にも依然25日移動平均線を下回っており、今日の上昇も調整局面継続中の中での自律反発と言う感じです。
明日も一段高になって、25日移動平均線を超えて来れば投資家心理は一段と好転しますがその為には更にもう一段の円安進行が不可欠。
しかし再度円安基調が強まる為にはトランプノミクスの具体的な中身が出てこなければ難しく、まだもう少し時間がかかると思います。
2月の下旬にも予定されている、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。