市況分析(1月26日後場情報)

市況分析(1月26日後場情報)

日経平均株価は344円高の19402円で終了。今日は終始買いが優勢の展開で後場も一段高で上げ幅を拡大。
昨夜の海外市場から今日の日本市場の朝方までは円高が進みましたが、その後円高も一服し午後には円安に振れると言う展開で株式市場にも買い安心感が台頭。
米NYダウの史上初の2万ドル乗せ、トランプ大統領の経済政策への期待再燃、保護主義的な政策への懸念も一時高まりましたが、トランプノミクスへの前向きな見方が徐々に増えつつ有ると言う感じです。
何よりも米経済の拡大が期待出来ると言うムードが株式市場にとっては大きな追い風です、米国株の上昇基調が続けば、おのづとリスク許容度が大きくなり、日本株への買いも増えて行きます。
大きく円安が進まなくても、大きく円高にならない限り、日本経済、日本の主要企業にはさほど悪影響も有りません。
米大統領選挙の前までは1ドル100円程度でしたので、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。