市況分析(1月27日前場情報)

市況分析(1月27日前場情報)

日経平均株価は71円高の19474円で前場を終了。昨夜の米国市場はナスダック指数は小幅安で反落したもののNYダウは上昇して続伸、トランプ政権への期待継続、米主要企業の決算発表が総じて良好と言う事が引き続き好感されていると言う展開。
昨日の海外市場では円安が進み本日の日本市場では115円付近まで円安が進行、昨日の上昇でテクニカル的にも再度強気転換となった日経平均は、米国株高と円安進行を受けて今日も続伸。
日経平均は昨日大きく上昇していますので今日は上げ幅も小幅ですが、週末に上昇すると言う事は来週も上昇基調が期待出来ると言う投資家心理の現われ。
相場の流れとしては一旦目先の上値を試すと言う流れになります、1/5高値の19615円を抜ける事が出来るのか?まずはここがポイントになって来ます。
19615円を抜ければ次は2万円と言う事になりますが、その為には・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。