市況分析(1月27日後場情報)

市況分析(1月27日後場情報)

日経平均株価は65円高の19467円で終了。NYダウの続伸や円相場の115円台回復を受けて今日の日経平均も上昇して3日続伸となりましたがやや上値も重い展開。
昨日大きく上昇している事や今日が週末と言う事も有り、一旦目先の利食いを出す動きが出たと言う感じ。
しかし米国ではトランプラリー再燃のムードが強く、円相場も115円台を回復、日経平均もテクニカル面でも強気転換しており今日の上値の重さもさほど気にする必要は無いと思います。
日経平均株価の直近高値水準は19500円~19600円付近ですので、ここを抜けて行くには戻り売りを吸収してその後になると思います。
又2月のSQに向けても、19500円付近は売り方と買い方の攻防が強まる価格帯です、暫くもみ合ってから上に抜けて行く、その様な展開になるのではないかと見ています。
日々株式市場を見ていると短期的な値動きに意識が向かい、視野が狭くなりがちですので時には週足や月足のチャート見るようにしています。
日経平均株価の週足チャートでは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。