市況分析(1月30日前場情報)

市況分析(1月30日前場情報)

日経平均株価は144円安の19322円で前場を終了。先週末の米国市場は、NYダウは小幅安で反落したものの、ナスダック指数は小幅高で過去最高値を更新するなどまちまちの展開でしたが、本質的には米経済の先行きに対する強気は変わらず。
発表された昨年10-12月期GDP速報値は市場予想を下回ったものの、トランプ政権の経済政策によって今後米経済は加速するとの見方が根強く、GDP速報値も悪材料にはならず。
今週末の2/3には1月の米雇用統計の発表も控えており、やや様子見ムードが強まりそうな米国市場ですが、大局的に見れば上昇基調が期待出来る状況に大きな変化は有りません。
今日の日本市場は円高が進んでいる事から日経平均も売り先行の展開で株価は反落、先週は3日続伸となっていましたので、円高に振れれば売りに押される展開も致し方有りません。
しかし日経平均が下落して影響を受けるのは主に主力輸出銘柄です、テーマ株や内需系の材料株にはさほど悪影響も無く、今日もテーマ株や内需系の材料株には上昇する物が目立ちます。
簡潔に言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。