市況分析(1月30日後場情報)

市況分析(1月30日後場情報)

日経平均株価は337円安の23291円で終了。アップルのアイフォンX減産報道を受けて、日本市場でも関連銘柄が売られて株式市場の地合いが悪化。
円高基調が続いている事やシカゴ先物市場でNYダウ先物が大きく下げていた事も嫌気されて日経平均は後場に一段安となって下げ幅を拡大。
テクニカル面では25日移動平均線を下回って売りが強まったと言う感も有りますが、次は23000円付近に位置している13週移動平均線が下値支持線になりますので過度に悲観的になる事は有りません。
主要企業の四半期決算発表も総じて好調、円相場や一時的な需給要因で下げる局面は有っても、現在の世界経済と企業業績を考えれば大局上昇基調が続くとの見方は変わりません。
今日の下げで25日移動平均線を下回った事にはやや意外感は有りますが、円高、アップルの減産報道、年初からのやや行き過ぎた過熱感などを考えればさほど悲観するような下げでも有りません。
又、主力銘柄の多くは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。