市況分析(1月31日前場情報)

市況分析(1月31日前場情報)

日経平均株価は257円安の19110円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落、入国規制を巡る混乱の拡大が、米経済に悪影響を及ぼしかねないとの懸念が強まり株式市場も売り優勢の展開に。
特にIT企業で懸念を表明する声が強く、先行きへの不透明感が嫌気されていると言う展開です。
加えて今週は米FOMCや週末の米1月雇用統計の発表も有りますので、入国規制の混乱が一旦目先の利食いを出すキッカケになったと言う感じも有ります。
昨夜の米国株の下落と113円台への円高進行を受けて今日の日経平均も売りが先行する展開で一時19101円まで下げ幅を拡大。
一時下げ幅を縮めたもののその後再度下げに転じ前場の安値圏で終了、しかし大きく下げているのは主に主力輸出銘柄、テーマ株や内需系の小型材料株の値動きは総じて堅調。

昨日も述べましたが、日経平均に関しては大局上昇基調は変わらず、しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。