市況分析(1月5日後場情報)

市況分析(1月5日後場情報)

日経平均株価は208円高の23714円で終了。昨夜の米国市場で、主要3指数が揃って過去最高値を更新。
NYダウは史上初めて2万5000ドル台に乗せ、今日の日本市場もその流れを引き継ぐ展開で小高くスタート。
買い先行でスタートした後は、一時上げ幅を縮める動きになりましたが、後場に入ると先物にまとまった買いが入り日経平均は一段高に。
目先の利食いは出ても、既にバブル崩壊後の高値を超えていますので戻り待ちの売物は無く、好需給を背景に下がり難い相場。
株価が上昇しても出て来るのは安値で買った分の利食いですので、利食いしたら適度な下げで再度買いが入る、その様な需給環境では株価もなかなか下がりません。
日経平均は年初の2日間で950円ほど上昇しており、短期的には過熱感も警戒される状況では有りますが、以前先高感は根強く、特に売り材料も有りませんので、来週も引き続き強含みの展開が続きそうです。
来週以降の投資スタンスとしては、日経平均に過熱感は有っても個々の銘柄に関しては過熱感の無い銘柄も多々有りますので、順次その様な銘柄の中から、業績、テーマ性、材料性などを吟味して買い出動をして行けばよいと思います。
出来高や売買代金が少ない中での日経平均の強含みだと、個別物色にまで資金が回らず、日経平均だけが上昇すると言った偏った値動きになりますが、今は十分に資金は入っていますので、日経平均と連動して個別物色にも資金は回って来ると思います。
来週はさすがに日経平均は上昇一服となりそうですが、銘柄重視の投資であればさほど悪影響は有りません。
逆に個々の銘柄への出遅れ修正や見直し買い等の動きが強まるのではないかと思います。
当面は銘柄重視で割安感、出遅れ感が有り、テーマ性や材料性を吟味して、銘柄重視の個別対応、その様な対応で臨めばよいと思います。
年初の2日間で950円ほど上昇すると今年は日経平均はどこまで上昇するのか?と言う話題がちらほらと出て来ます。
当然この先の世界情勢など、状況変化が有れば株価見通しにも変化が生じますが、テクニカルの面からだけで見た場合の見通しを少し述べて見たいと思います。日経平均は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。