市況分析(1月9日後場情報)

市況分析(1月9日後場情報)

日経平均株価は135円高の23849円で終了。国内連休中の海外株式市場が上昇した事から今日は日本市場も買いが先行する展開で寄り付き直後には23952円まで上げ幅を拡大。しかし年初から今日で3日続伸、上げ幅も1000円を超えた事もあり、買い一巡後は目先の利食いが強まり日経平均も上げ幅を縮小。更に10時10分に通告された日銀による国債買い入れオペが減額された為に緩和的な金融政策の修正が連想され急速に円高が進行。それまでは113円付近に有った円相場が一気に112円50銭程度まで円高が進み日経平均も11時過ぎには今日の安値となる23789円まで上げ幅を縮めました。しかし国債買い入れオペの減額も金融政策の変更まで連想するのはやや過剰反応、日経平均も目先の売りが一巡した後は再度上げ幅を広げて終了。今日の円高に振れた動きに関しては、日銀の国債買い入れオペに対する短期筋の反応も多少は有ると思いますが、週末のSQに向けて、株と為替の合成ポジション解消などの影響も有ったと思います。簡潔に言えば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。