市況分析(10月1日後場情報)

市況分析(10月1日後場情報)

日経平均株価は125円高の24245円で終了。11時17分には24306円まで上げ幅を広げた日経平均でしたが、その後は短期的な過熱感も警戒されて利食い売りが強まり上昇も一服。

利食い売りが強まって一時24100円台まで上げ幅を縮めた日経平均でしたが、しかし目先の利食いが一巡すれば押し目買いで底堅く推移、売り一巡後には再度上昇に転じて終ると言う展開でした。

短期的な過熱感は警戒されながらも、連日円安が進む追い風も有り日経平均の勢いは止まらず。

しかし先物主導で日経平均が上昇していると言う感じで、今日の東証1部の騰落数も値下がり銘柄の方が多くなっています。

過熱感の有る東証1部主力銘柄を利食いして、出遅れ感の有る銘柄に乗り換えていると言う状況だと思いますが、諸々悪材料も散見される状況ですので、楽観的になり過ぎず、引き続き出遅れ銘柄を中心に買って行くと言うスタンスが最善です。

今日のお昼前に米国とカナダとの貿易交渉が大枠で合意に達したとの報道が入りました。崩壊の瀬戸際にあったNAFTAはかろうじて維持する結果となり、今夜の米国市場も上昇が期待出来ます。

又日本の自動車メーカーもカナダで自動車を生産していますので、米国とカナダとの交渉合意は日本の自動車メーカーにとっても好材料になります。

日本市場の現状としては、過熱感は否定出来ない状況では有りますが、円安進行による国内主要企業の9月中間決算発表への期待は大きく、当面は大きな反動安も無さそうです。

投資スタンスとしては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。