市況分析(10月11日後場情報)

市況分析(10月11日後場情報)

日経平均株価は915円安の22590円で終了。米国株の急落を受けて本日の日経平均も急落、一時は下げ幅も1000円を超えましたが、押し目買いや日銀のETF買いも有り、若干下げ幅を縮めて終了。

今日は中国株も大きく下落、アジア市場の株式市場も大きく下落し、米国株急落をキッカケに世界同時株安と言う状況になりました。

リスク回避の円高が進み今日は112円付近まで円高が進行、しかしこのような時こそ冷静な判断と冷静な対応が必要です。

そもそも米長期金利の上昇は今に始まった事ではなく、3,1%が3,2%になったからと言って株式市場が急落するのもおかしな話です。

又米中貿易戦争にしてもこれまでも続いて来た事で有り、今更一段の対立激化が警戒されるのもおかしな話です。

昨夜の米国株の急落も、複合的に幾つかの要因が入り混じって起きた事ですが、本質的には過熱感が出るほどに上昇し過ぎていた事に対する反動安のようなものです。

NYダウに関しては、7月以降は一本調子に上昇基調が続き10/3には過去最高値を更新しています。

ざっくりと言えば買われ過ぎた反動安であり、25日移動平均線など、テクニカル的な下値の目処を切った事により、自動売買などの売りが膨らんだと言う一面も有ると思います。

投資家の心理としては過去最高値圏にある米株式市場ですので、下げ始めると売りが売りを呼び込み必要以上に下げてしまうと言う結果になったと思います。

本日の日本市場も米国株の急落を受けて言わばパニック売りが膨らむと言う展開で日経平均も急落、一時は下げ幅も1000円を越える大きな下げになりました。

しかし冷静に考えてみれば、9月の上昇前の水準に戻っただけで、円相場に関しても112円付近なら特に問題は無い水準です。

国内主要企業の多くは107円程度が想定レートですので、112円付近はまだまだ余裕の有る相場水準です。

又米長期金利の上昇もまだ3%を少し超えた程度の水準で、好調な米経済が変調をきたすようなレベルでは有りません。

経済が好調だからこそ緩やかな利上げが続き、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。