市況分析(10月12日前場情報)

市況分析(10月12日前場情報)

日経平均株価は102円安の22488円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落して続落、NYダウは545ドル安でナスダック指数は92P安と連日で大きく下落。

下げ幅自体は小さくなっていますが、依然リスク回避の売りが優勢と言う展開、しかし一時はプラス圏に浮上するなど下げ渋りを見せる場面も有り、一旦反発に転じる局面は近いと言う感じです。

トランプ大統領と中国の習近平国家主席が11月末に会談する方向で検討中との報道が流れ、米中貿易摩擦が和らぐのでは?との期待から中国関連銘柄が買われると言う一面もありました。

米国株が下げ止まらず続落となって帰って来た本日の日本市場ですが、円高の動きが一服し今日はやや円安に振れている事も有り、日経平均の下げは限定的。

日経平均は下げていますが、今日は反発する銘柄が多く、日本市場においてはパニック的な売りも一旦一巡したと言う感じがします。

今日はオプションSQ日で、寄り付きでSQも通過し投機的な売買も無くなります、後場は中国株やアジア市場の株式市場の動向を見ながら自律反発に向けてのキッカケを待つと言う感じになりそうです。

今回の世界同時株安の震源地は米国ですので、今後の日本市場の動向も今後の米国株次第と言う一面は有りますが、今回の株価急落によって、FRBの利上げは年内は無いかも知れず、その様なムードが強まって行けば株式市場が再上昇に転じる大きな追い風になります。

これまでの予定では年内に後1回、12月に利上げが実施されると言うのがFRBの基本スタンスでしたが、今回の株価急落で12月の利上げは無くなり、来年の利上げ回数も少なくなる可能性は有ります。

トランプ大統領も利上げには反対しており、株式市場が不安定な値動きを始めた今、利上げを急ぐ必要は無いと言う意見が米政界でも今後強まって来るのではないかと思います。

上昇が続く長期金利を警戒して米国株が急落したのなら、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。