市況分析(10月23日前場情報)

市況分析(10月23日前場情報)

日経平均株価は494円安の22120円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは下落して反落、ナスダック指数は上昇して4日ぶりに反発と高安まちまちの展開に。

中国株の上昇を受けて買い先行で始まった昨夜の米国市場でしたが、欧州銀行株安を受けて米国市場でも金融株が売られ、サウジの増産懸念から原油先物相場が下落して石油株も売られる展開でNYダウも下げ幅を拡大。

一方、半導体のインテルが投資判断引き上げを受けて買われ、アマゾンやフェイスブックも買われるなど、ナスダック指数は上昇。

全体を見れば決算発表や日々出て来る材料によって個別物色が中心と言う米国市場、11/6の中間選挙を通過するまでは手がけ難いと言うムードも有り、暫くは上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きが続きそうな感じもします。

昨日は中国株の上昇を受けて売り一巡後に上昇に転じた日経平均ですが、今日は寄り付きから売り優勢の始まりで日経平均も急反落。

円相場に大きな動きは無いものの、24時間取引の米株先物が下落している事から日経平均も下げ幅を拡大しています。

しかしここ数日の日経平均の値動きを見ていると、先物主導の展開で上下に振れていると言う状況ですので、今日は下げていても、明日は急反発するかも知れず、投機筋主導の展開では日々上下どちらに振れるかも、その日にならなければわからないと言う一面も有ります。

米中貿易戦争に加えて米ロ関係の悪化、サウジアラビア情勢の不透明感、さらには中国企業へのリクシルのイタリア子会社売却が米国に認められず破談になるなど、米中貿易戦争が日本企業のM&Aにも影響して来た事も警戒されています。

今日の日経平均の下落の背景にも幾つかの要因が複合的に絡んでいると思われますが、これまでにも何度も述べて来たように円相場には大きな動きは有りません。

簡潔に言えば、円高が進まない中での株安に対してはさほど警戒する必要は有りませんが、依然乱高下を繰り返す展開が続いている株式市場です、悲観する必要は無いものの、もう暫くは慎重なスタンスで対応して行くのが堅実、と言う状況だと思います。

後場に切り返すかどうかは昨日同様に中国株の動向次第です。中国株が上昇に転じるようなら日経平均も上昇に転じ、中国株が下げ幅拡大なら日経平均も一段安。当面は米中情勢に振り回される展開が続きそうな日本市場です。

これまでにも述べて来た事ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。