市況分析(10月26日後場情報)

市況分析(10月26日後場情報)

日経平均株価は32円高の21739円で終了。昨日は連騰記録が途切れた日経平均でしたが今日はすかさず反発するなど依然強含みの展開。
しかし上値では売りが強まるなど相場状況としては一旦日柄調整に入ったと言う感じがします。
日経平均に関しては当面は22000円~21500円のゾーンで日柄調整を進める、その様な展開になりそうです。
これまでは主力大型株が中心に買われて来ましたが、今後は出遅れ銘柄が買われると言う展開になって行くと思います。
又、決算発表も本格化していますので、日々決算を発表した銘柄も売買の中心になって来ます。
これまで発表済みの決算を見ていると、総じて良い決算が多いと言う感じですが、これまで株価上昇が続いて来たと言う事もあり、好決算を発表しても株価は下げると言う動きが目立ちます。
予想を上回る好決算を発表した銘柄などは別ですが、多少良い決算では材料出尽くしとなって売られると見ておく方が良いかもしれません。
しかし好決算にもかかわらず売られる銘柄に関しては少し先を見据えれば押し目買いを狙う候補になります。
当然決算発表後直ぐには買えませんが、目先の利食い売りが一巡するのを待ってからじっくりと押し目買いを狙うと言う対応を考えて行きたいと思います。
今のところ、決算発表が主力大型株の利食いのキッカケと言う感じになっており、この先決算発表を順次通過していく中で、徐々に出遅れ銘柄への物色も強まって行くと思います。
主力大型株から出遅れ銘柄に物色が移ると言っても、ある日突然に激変すると言う事は有りません。
まずは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。