市況分析(10月29日前場情報)

市況分析(10月29日前場情報)

日経平均株価は19円安の21165円で前場を終了。先週末の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に下落。アマゾンとアルファベット決算への失望売りでNYダウも一時539ドル安まで下げ幅を広げました。

しかし恐怖指数とも言われているVIX指数の上昇が一服し、好決算を発表したインテルの上昇も安心感に繋がり、NYダウも売り一巡後は買い戻しの動きが強まり下げ幅を縮小。

米国市場も企業決算に過剰に反応する展開になっていますが、有る意味ではこれまでの買われ過ぎ、過剰な期待先行の展開が、ここに来て一気に修正の動きが出ていると言う状況。

しかしアマゾンやアルファベットの業績に対する期待が高過ぎたと言う一面も有り、足元の業績だけを見れば決して悪い内容では有りません。

まだ米国市場も不安定な状況ですが、時間の経過と共に値動きも徐々に落ち着き、行き過ぎた期待の修正が終れば、リバウンドに転じる時期が来ます。

本日の日本市場は買い戻し先行で始まり日経平均も反発、先週末の米国株は下落しましたが、それに関しては先週金曜日の下落で既に織り込み済み。

アマゾンとアルファベットの決算発表を受けて先週末の米国株の下落は想定内、株価水準的には下げ止まりを模索する局面では有りますが、トランプ大統領の日本車への20%関税発言も有り、現状ではもう一段の下振れリスクは残ります。

英国のUEからの離脱やドイツの政情不安、イタリアの財政問題など、欧州情勢に対する懸念。

サウジアラビアを巡る中東情勢への警戒、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。