市況分析(10月30日前場情報)

市況分析(10月30日前場情報)

日経平均株価は166円高の21316円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に大きく下落し、依然上げ下げの振れが大きい展開が続いています。

朝方は買戻しが先行する展開でNYダウも一時352ドル高まで上昇しましたが、11月に予定されている米中首脳会談で貿易交渉が進展しない場合は、中国からの残りの全輸入品に対して追加関税を発動する方針との報道が有り株式市場も警戒売りが強まり下げ幅を拡大する展開に。

しかし米中貿易交渉に進展がなければ残りの全輸入品に追加関税を発動すると言う方針は既に表明済みの事。

今更取り立てて売り材料にするような事では有りませんが、蒸し返しで売り材料になる事自体が今の米国市場はまだ正常化には程遠いと言う感じです。

ドイツではメルケル首相が自身が所属する与党の党首を辞任する意向を表明、しかしドイツ首相は任期一杯は続ける方針で、本質的には数年かけて世代交代を進めると言う事だと思います。

昨夜の米国株下落の流れを受けて本日の日本市場も売り先行の始まりで日経平均は一時21035円まで下げ幅を拡大。

しかし円安が進んでいた事や昨日引け後の小松製作所の好決算発表、加えてテクニカル面でも売られ過ぎ感が強まっており、売り一巡後は買い戻しの動きが強まり日経平均は上げ幅を拡大。

又昨日業績下方修正を発表したファナックでしたが、特別配当の実施を発表した事で今日は買いを集めて上昇。

業績面の悪材料も発表と同時に材料出尽くしで株価が上昇するなど、これまでの売り一辺倒の相場状況から少し変化も出て来ています。

後は米国株が本格反騰に転じれば日経平均も本格反騰に転じる流れが本物となり、その場合はまずは日経平均22000円付近が最初の上値目処になりそうです。

しかしながら現時点では日本市場も米国市場も相場状況は依然不安定です、米中間選挙を通過すれば一旦上昇に転じるとみていますが、それまではまだ日々不安定な値動きが続くと想定して対応して行く方が良いと思います。

この先米中間選挙を通過したら、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。