市況分析(10月30日後場情報)

市況分析(10月30日後場情報)

日経平均株価は307円高の21457円で終了。昨夜の米国株安を受けて今日は売り先行で始まり、寄り付き直後には21035円まで下落した日経平均でしたが、その後切り返して上げ幅を拡大。

テクニカル的な売られ過ぎ感、24時間取引の米株先物が上昇していた事、中国株も上昇に転じ円安も進行、加えてトランプ大統領が米中貿易交渉に前向きな発言をした事も買い安心感に繋がりました。

昨日引け後に小松製作所が好決算を発表し2019年3月期業績を上方修正した事も過度な悲観ムードの後退につながり、業績は下方修正したものの特別配当の実施を発表したファナックの反発も投資家心理の改善への追い風になった感じです。

ここに来て好調な企業決算発表が目に付き、過度な業績への警戒が後退している感じです。

一旦底打ちのムードは出ていますが、まだ断定するには時期尚早、しかし米中間選挙も近づき、これまで売り込んで来た投資家も買い戻しの時期を迎えたと言う感じも有ります。

11/6の米中間選挙に向けて株式市場も一旦買戻しが優勢の展開が続き、まずは日経平均22000円回復を目指し、更に一段高になれば次は22500円付近を目指すと言うリバウンドの動きが期待出来そうですが、その先となると米中間選挙の結果次第ですので、当面は11/6までの動向を予測しながら対応して行くと言うスタンスが最善だと思います。

日経平均に関しては、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。