市況分析(11月1日前場情報)

市況分析(11月1日前場情報)

日経平均株価は170円安の21749円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して続伸、GMやフェイスブックなど主要企業の好決算が相次ぎNYダウも一時460ドルを超える上昇に。

しかし大引けにかけて短期筋の利食いが強まりNYダウも上げ幅を縮小して終了、悲観に傾き過ぎていたムードはかなり改善して来ていますが、もう暫くは押し目買いと戻り売りがぶつかる展開になりそうです。

昨夜米国で発表された10月のADP雇用リポートで、非農業者部門の雇用者数が市場予想以上に増加し、米景気は堅調との見方が広がる一方で米長期金利も上昇。

株式市場が落ち着きを取戻せば、一方では長期金利が上昇すると言う状況になると思われ、少し先には再度米長期金利の上昇を警戒するような局面も有りそうです。

しかしながら米長期金利の上昇は円相場にとっては円安要因になります、米長期金利の上昇と言う警戒材料と円安進行と言う好材料が、先々綱引きをすると言う局面が来そうです。

2日連続で大きく上昇した日経平均でしたが、今日は円高進行と目先の利食いが強まり日経平均も反落。

しかし目先の利食いが一巡した後は下げ幅を縮めており、直近大きく上昇した事を考えれば底堅い展開と言えると思います。

今日は月初で、世界の機関投資家のリバランスの売りも警戒されていますが、この程度の下落で済むならさほど警戒する必要も有りません。

日経平均の当面の動向を予測すれば、まずは22000円回復を目指し、22000円を回復した後は22400円付近を目指す展開になると思います。

11/6の米中間選挙まであと数日ですが、来週になれば直前の選挙情勢などで株式市場も影響を受けますので、米中間選挙の直前情勢が株式市場にプラスに働けば11/6までに22400円付近まで上昇。

しかし米中間選挙の直前情勢が株式市場にマイナスに働けば一旦下げに転じて22400円付近への回復も少し先延ばしになると思います。

米中間選挙を通過すれば次は米中貿易戦争に注目が移り、11月後半にも予定されている米中首脳会談で、米中の歩み寄りが有るのかどうか?

米中貿易戦争が一旦終了となれば株式市場にとっては大きな好材料、世界の株式市場は大きく上昇する事になります。

しかし米中首脳会談で歩み寄る事が出来ず、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。