市況分析(11月1日後場情報)

市況分析(11月1日後場情報)

日経平均株価は232円安の21687円で終了。2日続けて大きく上昇した後ですので今日の反落も妥当な展開です。

世界の機関投資家などの月初のリバランスの売りと言う動きも想定内で、直近の上昇幅を考えれば今日程度の下げなら底堅い展開です。

又今日はNTTドコモが料金の引き下げを表明した事で、ソフトバンク、KDDIの大手通信株が大きく売られ、日経平均を押し下げたと言う一面も有ります。

反面、好決算を発表した銘柄には買いが入り、今日は日経平均は反落となりましたが、相場の中身を見れば2極化です。

買われる銘柄は買われ、売られる銘柄は売られると言うある意味では妥当な物色動向で、冷静に考えれば正常な状況だと思います。

今夜は米国でISM製造業景気指数の発表を控え、明日は10月の米雇用統計の発表が控えています。

来週になれば6日の火曜日が中間選挙の投票日です、このようなイベントを控えていると、なかなかポジションも取りずらく、売買見送りムードも強まります。

逆に言えば、現在持っているポジションの手仕舞いは進むと言う事になりますので、これまで売り込んで来た投資家などは6日までに買戻しを進めると言う事になります。

又、直近の安値圏で買っている投資家は利食いを進めると言う事になりますが、明日と週明けは、どちらの需要が多いかで指数の上げ下げも決まります。

更にそれに加えて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。