市況分析(11月1日後場情報)

市況分析(11月1日後場情報)

日経平均株価は408円高の22420円で終了。これまで月初は16ヶ月連続で上昇していた日経平均でしたが、今日も上昇してこれで月初は17ヶ月連続で上昇。
これに関しては諸説有りますが、海外機関投資家の一部が、月末月初にポジションの入れ替えをしている事が影響しているとの見方が有ります。
簡潔に言えば月初に大量の買いを実行していると言う事です、日本株の上昇基調が続く限りは来月以降も月初は上昇し易いと言う展開になりそうです。
しかし今日の大幅高に関しては、月初に上昇すると言うアノマリーを利用して少し買い仕掛けの動きも有ったのではないかと思います。
そうであれば明日は少し下がりそうですが、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。