市況分析(11月10日後場情報)

市況分析(11月10日後場情報)

日経平均株価は187円安の22681円で終了。昨日の余韻が残り、加えて米国株が下落して円高も進んでいましたので、今日は売り先行で始まり日経平均も9時40分ごろには22511円まで下げ幅を拡大。
昨日の乱高下で目先の天井を付けたとのムードも強まり、目先の利食いを急ぐ動きが先行したと言う展開でしたが、売り一巡後は下げ幅を縮小、下げれば押し目買いが入る底堅さに変わりは有りません。
買うから上がる、上がるから買うと言う好循環は昨日の乱高下によって一旦終了、当面は日経平均は日柄調整を進める展開が想定され、その間は出遅れ銘柄を循環物色する動きが中心になると思います。
そもそも日経平均も上がり過ぎていただけの事で、昨日の急落も今後の日柄調整も行き過ぎを修正する為の調整のようなものです。
国内主要企業の業績拡大、世界経済の拡大、円相場の水準等を考えれば株式市場が大きく崩れるような可能性はほぼゼロ、行き過ぎを修正する為の適度な下げが有る程度です。
日経平均に関しては10月の連騰を挟んでの上昇も少し行き過ぎでは有りましたが、それでも日々の上げ幅は小さくさほど過熱感は有りませんでした。
しかし11月に入ってからの株価上昇はやや行き過ぎ、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。