市況分析(11月14日前場情報)

市況分析(11月14日前場情報)

日経平均株価は60円高の22441円で前場を終了。昨夜の米国市場は、NYダウは小幅高で3日ぶりに反発、ナスダック指数も小幅高で続伸、特段の手掛かり材料が無い中で個別物色が中心と言う展開でした。
経営改善策を発表したGEが売られて同社1銘柄でNYダウを10ドル程度押し下げる結果に、逆にM&Aを巡る思惑も有り、こちらは株式市場では買い材料に。
税制改革に対する不透明感は一旦中立にと言う感じ、米国市場は主要企業の決算発表も一巡して、当面は個別物色の展開で指数は日柄調整を進めると言う展開になりそうです。
先週の乱高下の後、一旦調整局面を迎えている日本市場ですが今日は日経平均も反発、しかし日々上げ下げを繰り返しながらもう一段の調整を進めると言う流れに変化は有りません。
テクニカル的には日経平均22000円付近が下値目処として意識される水準になりますが、海外情勢や円相場次第では多少のブレは出て来ます。
しかし少し先を見据えれば調整完了後は再度上昇に転じると言う展開が期待出来ますので悲観的になる必要は有りません。
現在進行中の調整局面において、好業績銘柄などが売られ過ぎるような場面が有れば先を見据えて押し目買いを考えたいと思います。
日経平均は今日は上昇していますが、大局的に見ればまだ調整局面の途上です、当面は日々上げ下げを繰り返しながら妥当な株価水準を探ると言う展開になると思います。
日本市場の現状としては、これまでの行き過ぎた過熱感を冷ます為の調整局面を迎えていると言う状況に有ります。
しかしそれも先々上昇基調に復帰する為には必要な調整局面です、良好な企業業績、良好な世界経済、テクニカル面でもバブル崩壊後の高値を更新して上値は軽い状況、目先の調製が一巡した後には再度上昇に転じると言う想定で対応して良い投資環境です。
簡潔に言えば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。