市況分析(11月16日前場情報)

市況分析(11月16日前場情報)

日経平均株価は182円高の22210円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落、世界的な株安の流れに原油相場の下落も加わり、昨夜の米国市場も売りが強まる展開。
時期的な事を考えればヘッジファンドの決算対策売り、解約者への返金資金を確保する為の換金売りなどが出て来る時期ですので、その様な売り物が出ているのだと思います。
12月決算なら45日前が解約の期限と言うルールが多く、これを前提に考えれば昨日の15日が解約最終日に当たります。
簡潔に言えば、ヘッジファンドなどの換金売りも峠を越えた、今後売り圧力も徐々に弱まって行きます。
調整局面が続いて来た日本市場も、25日移動平均線に接近した事で今日は日経平均や多くの銘柄も一旦反発。当面は25日移動平均線と5日移動平均線の間での攻防になると思います。
本日25日線は22000円付近で5日線は22400円付近、ざっくりと言えば22000円から22400円のゾーンが当面の日経平均の価格変動レンジと言う感じです。
調整が完了すれば次は値固めの局面となり暫くは上げ下げをしながらもみ合う局面になります。
そして再度上下どちらかに振れる時期が来ますが、再度上昇に転じるのか?もう一段調整安が有るのかは、短期的にはそれは今後出て来る材料次第の一面も有ります。
しかし中期的に見れば上昇基調が続く日本市場との見方に変わりは無く、もう一段調整が進むようなら好業績銘柄の安値を買って行けば良い事。
又もう一段の調整安が無く再度上昇基調を強めるようなら時期を見て買い出動を進めて行けば良い事。
日経平均も25日移動平均線に接近した事で今日は反発していますが、もう暫くは22000円付近の値固めが必要だと思います。
再度日経平均が上昇基調を強めれば、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このレポートは無料レポートですが、新規ユーザーがこのレポートの続きを見るためには購読の利用申込ページ(こちらをクリック)にて「市況分析レポート」の無料申込が必要です。 すでにこのレポートを申込済の既存ユーザーはユーザーログイン(こちらをクリック)すれば全文をご覧いただけます。